資金繰りの悩みは「知っている」か「知らない」か、たったこれだけの差で未来が大きく変わる事があります。資金繰りにお悩みの中小企業を多数お手伝いしてきた専門家がお伝えする、ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウ。無料メール講座

 

torokuword1

メールアドレス 

※メール講座に申し込まれますと、メール講座終了後、弊社メールマガジンに代理登録されます。(メールマガジン配信元:独自配信)

 

全15回にわたるメール講座

 

全15回にわたるメール講座をお届けします。

この講座では、資金繰りにお悩みの中小企業を多数お手伝いしてきた実績を基に、ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウを解説していきます。

 

【第1回】金融機関の借入が原因で会社が倒産することはない
【第2回】資金繰りが厳しい時こそ冷静に状況を整理する事が重要
【第3回】資金繰りが厳しい時こそ、収支バランスの改善が急務
【第4回】リスケジュールのタイミング、銀行の取り組み状況
【第5回】中小企業の金融支援策は増えているが、選別の傾向が強い
【第6回】税金や社会保険料を納める事ができない。どうした良いのか
【第7回】経営と無関係の連帯保証人を外したいけど、銀行は応じてくれる?
【第8回】不動産の保全を図りたいが、どのような方法がある?
【第9回】リスケジュール中だけど、融資を受ける事はできる?
【第10回】破産をしない明るい廃業「経営者保証GL」
【第11回】事業再生における「第二会社方式」の活用
【第12回】リスケジュール中だけど、金融機関とコミュニケーションを取った方が良い?
【第13回】リスケジュール中だけど、金利を下げる事は可能か?
【第14回】結局、白黒はっきりさせたがる人が破産・倒産してしまう
【第15回】返済ができなくなると最後はどうなるの?

もし、メール講座の内容が気に入らなければ、 いつでも解除することができますのでご安心してお申し込み下さい。

 

さらに、期間限定の3大特典

是非、この機会に全て無料でお受け取り下さい

 

今回お申込み頂いた方に、以下3つの特典をプレゼントいたします。

【特典1】30分の無料電話相談 or メール相談(いずれかお選び頂けます。)
【特典2】無料レポート
【特典3】経営者向け冊子の執筆記事

 

 

【特典1】無料電話相談 or メール相談

 

メール講座を最後までお読みいただいた方に、以下いずれかの無料相談をプレゼントいたします。

  • 30分の無料電話相談、
  • メール相談を2相談案件まで対応(1相談案件2往復まで)

 

通常、無料相談は一貫してお断りしていますが、メール講座を最後までお読み頂いた方を限定に、対応させて頂きます。無料だからといって、一切手を抜くような事はありませんのでご安心下さい。

※プレゼントを受け取るには、簡単なアンケートにお答え頂く必要があります。

 

 

【特典2】無料レポート
 

2009年の発行以来、数回にわたってアップデートを繰り返してきた、

ピンチを切り抜ける資金繰りノウハウを記載した無料レポートをプレゼントいたします。

 

こういった事に対する重要な答えを手に入れよう!

資金繰りが厳しくなってくると目先の資金繰りに追われ、つい、自社の置かれている状況を把握できなくなってしまいがちです。この状況を打開するには現状把握が必要です。具体的にどこをチェックすれば良いのかピックアップしておきました。この項目をもとに決算書を見直して下さい。


銀行の返済と取引先への支払がかぶってしまいました。金策したのですがどうしても足りません。こんな時、銀行の返済と取引先への支払いはどちらを優先させた方が良いのですか?


返済が厳しいのでリスケジュールしたいのですが、銀行は応諾してくれません。借入金のリスケジュールは難しくなってきているのですか?


リスケジュール中ですが、運転資金を調達したいと思います。リスケジュール中でも可能な銀行融資はあるのですか?


資金繰りが厳しいのでリスケジュールしたのですが、入金サイトが長いので資金が足りない月があります。銀行融資以外に調達する方法はあるのですか?


返済が滞り、物的担保に入っているかけがえのない自宅が、競売にかけられてしまいそうですが、競売から大切な自宅を守る方法はあるのですか?


毎年、営業利益は出ているのですが、金利の支払い利益が無くなり、手元に資金が残りません。もう、何年もこのような状況が続いています。何か打開策はあるのですか?


金融機関から借入を起こす際、友人に連帯保証をしてもらいました。今すぐ何か起こる訳では無いですが、この先どうるかなど分からないので、連帯保証を外したいと考えています。一度契約した連帯保証契約は解除できるのですか?

 

【特典3】経営者向け冊子の執筆記事

 

経営者向けの雑誌に執筆させて頂いた時の記事を期間限定で公開しています。

  • 「月刊経理ウーマン」2013年11月号執筆記事 倒産回避のためのギリギリの対策教えます
  • 「月刊経理ウーマン」2014年5月号執筆記事 最近増えている中小企業の「M&A」最前線
  • 「近代中小企業」2015年2月号執筆記事 危機から這い上がる経営者の共通点
  • 「近代中小企業」2016年12月号執筆記事 M&Aによる事業拡大は失敗事例に学ぶことでリスクと可能性が見える!
  • 「近代中小企業」2017年5月号執筆記事 大きくつまずく前に“早期撤退”を考えるその事例と対処法!

是非、この機会に読んでみて下さい。

torokuword1

メールアドレス 

※メール講座に申し込まれますと、メール講座終了後、弊社メールマガジンに代理登録されます。(メールマガジン配信元:独自配信)

 

Copyright © 2018 davinci partners合同会社. All Rights Reserved.

特定商取引法の表記プライバシーポリシー